有限会社 綿桂 | 知恵袋

有限会社 綿桂

TEL. 0566-48-2108

知恵袋

会社概要
 > オーダーメイド枕・敷布団
 > 寝具の選び方
 > 知恵袋
 > よくある質問
 > 店舗案内
 > お問い合わせ
商品カテゴリ
お買い物ガイド
BLOG
Facebook
過去のブログから

こどもは何歳から枕が必要か

 何歳になったら枕が必要か?・・・人それぞれです。 そもそも、枕は何故必要か。人は立って歩きます。一番上に体重の約8~10%の重さの頭を乗せています。バランス良く歩くために背骨がS字に湾曲しています。

 子供さんも、成長するに従ってSの字がはっきりしてきます。枕が必要になるのは、背骨にS字の形がはっきり出来てからで良いと思います。歩くようになれば、つまり1歳以上であれば枕が必要になると思われますが、3歳未満のお子さんでは多くの方が枕は必要無いでしょう。小さなお子さん(5歳ぐらいまで)は、実際枕をして寝ている子は少数派だと思います。一般的には保育園の年中(5歳)年長(6歳)さん・小学一年生(7歳)ぐらいから枕をするお子さんが多いようです。早い子も居れば遅い子もあります。

 子供さんは体が柔らかいので、枕の高さよりも、敷き布団の硬さが問題となることが多いようです。一概に柔らかい敷きがいけないのではありません。中央部がへたってくぼんだ敷きが問題です。胴体部分は身体全体の約70~80%です。凹んだ敷きを長く使えば、次第に姿勢も悪くなります。お母さん、ちょっと気配りしてあげましょう。

 また、必要以上に固いのも良くありません。料理番組で 「表面はカリッと、中はジューシー」などという表現が多々ありますが、敷き寝具に関して言えば、「表面は柔らかく、でも、身体を支えるベースはしっかりと」とでも言いましょうか。

 枕をしているといっても、実際枕を枕として使うのではなく、おもちゃの延長として使って見えるお子さんも多いようです。お母さんの中には、こどもに枕を取られてしまうからと言われる方も多く見えます。お子さんは枕が欲しいのではなく、お母さんのぬくもり(匂い)が欲しいのかもしれません。
子供さんはまた、汗かきです。枕の高さも大事ですが、汗をしっかりと摂る吸湿性の良い寝具こそが最も大切な要素だと思います。

ラインの上に頭がある。
枕が必要と思われる
         体型・姿勢

ラインの上に頭がある。
枕が必要と思われる
         体型・姿勢

ラインの下に頭がある。
頸椎(首)部分の支えが欲しい体型。
ごく低めの枕が必要かも。
ラインの下に頭がある。
頸椎(首)部分の支えが欲しい体型。
ごく低めの枕が必要かも。
                             子供まくらはコチラへ

カビの話 … 何故、冬にふとんがカビるか?

冬の季節、布団を干すのはどうしても減ってきます。日本海側や北国では冬季の布団干しはほぼ不可能ですね。また、都会でもマンションによっては外観上ベランダでの洗濯物や布団干しを禁止されているところもあります。
 でも、寝具とあなたの健康のためには布団の日干しは大切です。では、「日干し」は何故必要なんでしょうか?
日に干さずにいると、おふとんはなんとなくジメジメ(湿々)してます。でもほとんどのお客様は布団がジメジメ(湿々)とは感じていないかも・・・。冬は寒いから布団の中がなかなか暖まらない、冷え性だから・・・仕方ないと思っている方がほとんどかもしれません。
 「温度33℃±1℃、湿度50%±5%」(寝床内気候)が快適に寝られるお布団の中と言われます。この湿度、実は相対湿度です。冬から早春は乾燥し易いからといって、ストーブの上にやかんを乗せて加湿しているご家庭も多くみられます。受験生のお宅ではエアコンに加湿器という組み合わせの方も多いでしょう。

お湯を沸かす時、200ccの水と500ccの水とではお湯になるまでの時間に相当な開きがあることはお分かりのように、寝具の中に湿気(水分量)が多いと、それだけ熱量は水分を温めるのに必要となり、結果布団がなかなか暖まらないということにもなります。


室温が10℃と15℃と20℃と25℃とを比較すると空気中に含まれる水分量はおよそ10℃の時のおよそ1.5倍・2倍・3倍になります。逆に見れば、室温が下がるに従って空気中に含まれていた水分は空気中に居られなくなります。どこへ行くのか? かっての日本家屋は土壁でそれらの水分を吸ってくれてました。今では壁が吸う量は極端に少なくなり、結露となったり、寝具の中へと入ってしまうようです。布団がどうしてもジメジメ(湿々)してしまいます。さらに人は一晩にコップ1~2杯の水分を発生させています。
 
もう、お分かりですよね。
寝具の中は意外と多湿なんです。カビが繁殖しやすい環境になっているんです。
 
「木綿わた布団」はもちろんですが、羊毛混の固わた敷ふとんなども、木綿わた布団ほどではありませんが、日干しは必要です。
布団干しは、10~11時ごろから2~3時頃までがベスト。
布団を干すと言うことは、湿気を減らす事です。

木綿わた布団を日に干すと湿気が減るだけでなく、熱を溜める力もありますから午後の3時頃には取り込み半分に畳んでおくと熱も逃げにくく、暖かく寝られるのです。
木綿わたの敷きふとんは決して時代遅れのものでは有りません。日本の気候、日本人の体質にとって最適な寝具の一つでもあります。だが、残念なことに「重い」上に「吸った湿気を自らの力で吐き出すことが苦手」なのです。日に干すことが必要なんです。簡単に日に干すことができれば、とても良い寝具なのです。

日に干せない時は、布団乾燥機や加温のできる敷きや毛布で湿気を飛ばすこともアリですね。同時にエアコンを運転し部屋に溜まった湿気を屋外に出すのもとても有効な方法だと思います。
おふとんの下、マットの下などに、除湿シート「からっと寝」を敷きこまれるのも良いでしょう。

敷き布団…吸湿から見た最適寝具

ふとんの中の湿気を吸収するのにはふとんの素材が重要です。 一般的に多く使用されている、羊毛、綿、ポリエステルを比較してみても、羊毛の吸湿率が良いことが分かります。 湿気は下に溜まるものなので、特に敷きふとんが湿気を吸収することが理想的。
さらに羊毛や綿は吸い取った湿気を放湿する力も優れています。(もちろん、羊毛や綿のふとんでも時々は干したりすることも必要です。)
ポリエステル繊維の敷きふとんや、ウレタンフォームのマットレスを使っていて、敷きふとんの生地にカビが生えることがありますが、それはこの結果から分かるように、敷きふとんを干さないで通気性が悪くなっている、また過剰に汗をかいたなど、湿気が敷きふとんを通過して床にたまった時にカビの発生につながってしまうのです。特にフローリングは注意が必要。畳よりも湿気の吸収がよくないので、除湿シートを併用することをおすすめしているのです。
化繊が必ずしも素材に適していないわけではありません。例えば、気軽に洗濯ができる、ホコリが出にくいなど、メリットもあり、とくにアレルギー体質の方にはおすすめです。 大切なのは、寝具の特徴と使われる方の体質を考えて適したのもを選ぶこと、そしてメンテナンスを行うことです。

 
                     天然素材の敷きふとんはコチラへ

メンテナンス(お手入れ)

お布団のお手入れについて。日常で行っているメンテナンスとして、[干す]・[洗う]がありますが、ポイントを記してみました。

1)ふとんはカバーを掛けたまま干す
カバーを外して干すと、強い日光に当たり生地や中身が早く傷んでしまいます。傷んだ生地はちょっとしたことで破れて中身が飛び出ることがあります。また、取り込む際に引っ掛けて破いてしまうこともあります。干す時間は片面1~2時間程度。

2)干してもたたかない!  ふとんで遊ばない!
叩くことによって、中の綿や羽毛の繊維が切れて、粉々になってふとんの寿命を縮めてしまうことになります。ホコリを出しているつもりでも、叩くことで新たにホコリを作り出しているのです。取り込むときに、2,3回振るってから、表面を払う程度が好ましいです。また、CMなどでも見かけますが、ふとんの上にジャンプしたりするのも同じことなので絶対にやめましょう!マットレスもスプリングを早くいためてしまうことになります。高価な寝具だからこそ、長持ちさせましょうね。

3)ふとんの丸洗いは3~5年がめやす
専門業者でクリーニングをすると、水で丸洗いをすることができるのです。(綿桂も取次ぎをしています)ふとんには寝ているうちにかいた汗や油の汚れが付着します。汚れが蓄積されると嵩がなくなったり、ダニの温床になってしまいます。また、体臭などの臭いも干しただけではなかなか取れなくなります。羽毛ふとんのクリーニングのめやすは、汗かきな方だと3~4年で、普通でも5年に1回は少なくともお洗濯をするといいでしょう。ドライクリーニングは臭いや生地の汚れが落ちにくかったりしますので、クリーニングに出す前に確認してみてください。

4)洗いはやさしく丁寧に
ウォッシャブルタイプの寝具は、清潔感があり、ダニの除去もできるので人気がありますが、洗濯表示の指示を守って下さい。洗濯機を使用する場合は必ずネットに入れて、脱水は弱めに。強くすると変形したり、生地が破れることもあります。干すときは形を整えて。

5)ウレタン系は直射日光を避ける
ウレタンは日光に弱いので、陰干しにしましょう。ご家庭でのお洗濯はできません。 また、透湿性(吸湿性ではありません)はありますから、敷きっぱなしにすると湿気が溜まってカビの原因にもなります。 フローリングの床では(時にはスノコベッドの上でも)高反発・低反発にかかわらず、接した面で水分が溜りカビが発生し易くなります。

痩せる寝方・・・?  出(いずる)を計って入りを制する

太った・・・・。

 このところ忙しく眠りが不規則であったこと、眠りが中断したことなど、いろんな睡眠トラブルがあった。さらに、仕事が思うように進まず、ストレスを感じているのか、少し食事量も増えてしまった。

 「睡眠指導士(上級)」であり、「睡眠改善インストラクター」・「睡眠環境診断士(中級)」と、知識は多少皆さんより多いとは思うが実践が伴っていない。
昨夜のTVで、日本一デキる女性といわれる勝間和代女史も、睡眠不足と夜食(遅い食事)そしてストレス、さらにタバコや寝酒が増え、典型的な不規則夜型生活をしたことによって、一時期10㎏ほど太ったと放映していた。

 そもそも「眠り」は身体や脳を休めるという生理現象であるが、その前に餌(食料)不足に対処するためにエネルギーをできるだけ使わないようにするための必然的生命維持機能でもある。睡眠中はエネルギーの補給は無く、本来エネルギー不足になる時間帯であり、肝臓に貯蔵されていたグリコーゲンを消費して朝を迎えるのが人間という動物の本来の姿である。だが現代社会人は何万年と続いてきたリズムをここ数十年で壊そうとしている。

 夜型社会となり、多くの日本人が夜型生活を送っている。

 就寝時間が午前様。まだ眠いのに起こされる。朝飯は食いたくない。学校・職場に行ってもエンジンがかからない。漸く昼になって食事をする・・・ここで初めてエネルギーの補給が行われる。学生さんなど睡眠不足から夕方仮眠を摂る方も多いようだ。学校では勉強しようにも頭の回転が悪くなっている。職場でも仕事がはかどり始めるのは午後とか夕方、時には残業時間帯となって調子が良くなる御仁もいるようだ。仕事が終わってからは、一杯やって帰宅する。学生さんなら塾通いというところだ。家に帰ってからも、豪華な高カロリー夕食を食べる。あるいは夜食を摂る。深夜になって漸く眠気が現れ、寝ることになる。つまり、日中はボーとしているが、日が暮れると調子の出るという人が増え続けているようだ。

 

 何が問題か? 深夜まで起きていることと、睡眠不足につきる。他にも「照明」も問題をこじらせている。

 睡眠不足によって「眠け」が強いと食欲は抑制される。朝食が摂れない。眠いから動きたくない。日中は十分な食事と活動によって、余分なエネルギー源を糖質として蓄積することにし、夜間睡眠は、本来餌不足によるエネルギー消費を抑え、蓄えたグリコーゲンを消費して生命活動を維持するわけである。だが、夜の豪華な食事や夜食はそれによって得られたエネルギー源を身体に貯めることになる。睡眠中はエネルギー不足から蓄えられたエネルギー源を使い、体重は減ることになる。だが、寝る前の高カロリー食は寝ている間に減るはずの体重を、逆に増やすことになる。

 さらに、翌午前中は「眠い」から活動が鈍り、エネルギーを消費すべき時に消費されないことになる。エネルギーの1/3は脳が消費すると言われる。なのに、特に午前中は、脳の活動エネルギー源が効率良く届かない。

 人類は長い間、餌(エネルギー)不足によって、「入りを計って、出を制する」の言葉のように、身体はエネルギー源を貯めこむことになる。お金を貯め込むことは良いが、脂肪を貯め込むことは、すなわち肥満に直結することになる。日本人は体質的にアングロサクソン系の人種と違って、身体自体が省エネ体質・ECO体質になって、エネルギー消費が少ない。だが、食生活は欧米人と変わらなくなってきた。太らない訳がない。生活習慣病にならない訳がない。
 そもそも「眠り」は身体や脳を休めるという生理現象であるが、その前に餌(食料)不足に対処するためにエネルギーをできるだけ使わないようにするための必然的生命維持機能でもある。睡眠中はエネルギーの補給は無く、本来エネルギー不足になる時間帯であり、肝臓に貯蔵されていたグリコーゲンを消費して朝を迎えるのが人間という動物の本来の姿である。だが現代社会人は何万年と続いてきたリズムをここ数十年で壊そうとしている。

 夜型社会となり、多くの日本人が夜型生活を送っている。

 就寝時間が午前様。まだ眠いのに起こされる。朝飯は食いたくない。学校・職場に行ってもエンジンがかからない。漸く昼になって食事をする・・・ここで初めてエネルギーの補給が行われる。学生さんなど睡眠不足から夕方仮眠を摂る方も多いようだ。学校では勉強しようにも頭の回転が悪くなっている。職場でも仕事がはかどり始めるのは午後とか夕方、時には残業時間帯となって調子が良くなる御仁もいるようだ。仕事が終わってからは、一杯やって帰宅する。学生さんなら塾通いというところだ。家に帰ってからも、豪華な高カロリー夕食を食べる。あるいは夜食を摂る。深夜になって漸く眠気が現れ、寝ることになる。つまり、日中はボーとしているが、日が暮れると調子の出るという人が増え続けているようだ。

 

 痩せる寝方は「エネルギー源を貯めなければ良い」訳だ。

 脳のエネルギーである糖質は脳の活力源になるのに、口から摂取してから3時間ほどかかる。9時から頭の回転を良くしようと思えば6時頃には朝食を、少なくとも7時までには朝食は終えるべきとなる。その為には5時から6時頃には起床すべきである。

 睡眠時間を7~8時間程度とるには、夜10時頃には就寝となる。1~2時間前には入浴を。更に2~3時間前には夕食を。ということは、夕食時間は遅くとも夜7時頃迄が良いとなる。しかも、高カロリーにならないような夕食を。

              

 さあ!皆さん、こんな生活できますか?いろんな誘惑に負けずに、規則正しい生活ができますか?できれば、痩せられると思いますがね・・・

 「夜ごはん」から「夕ごはん」へ。

 少なくとも、低カロリーの夜ごはんにし、早寝早起き、太陽と一緒に行動しよう。一日の総摂取カロリーは同じでも、主に朝昼で摂るのと、夜摂るのでは太り方・痩せ方に差が出るのです。

 

受験生と睡眠時間

受験生諸君は、寝る間も惜しんで勉強中でしょうな。
ナポレオンは3時間しか眠らなかったといいますが、本当ならすごいね。我々凡人は無理。でも、毎日8時間ぐらい寝ている人でも、6時間少々で起きることはできなくはない。毎日続くか?それが問題だ。

 睡眠リズムをご存知でしょうか?人の睡眠サイクルは約90分(人によって80~100分)です。
この90分のサイクル中に、脳の寝ている時間と、体の寝ている時間がある。このリズムを上手に使えば良いんです。 1.5時間(90分)x4サイクル=6時間. ひょっとしたら、3サイクル 4.5時間も可能ということになる。

最近の定説は、記憶の定着のためにはレム睡眠が重要であると言われている。つまり、キチンと寝た方がしっかり記憶できるということだ。

昔は「4当5落」などという訳のわからない言葉があった。4時間睡眠なら合格できるが、5時間では不合格だ、ということらしい。睡眠リズムからいえば、4.5時間+α で約5時間を睡眠時間にした方が良いということだ。
今なら6当5落という事にもなりかねない。
このリズムに反して、中途半端な時間に起きようとしても駄目だ。脳の寝ている時間に起こすから、ボーとしてしまう。眠りが浅くなった時に、目覚ましが鳴れば良い。

生活リズムを規則正しくするのが、まず大事だ。そして、寒い思いや、暑い思いをしての就寝は、眠りを浅くし熟睡できないことになる。
良い寝具とは、高いふとんではない。気持ちよく寝られるふとんということだ。 しっかり勉強や運動をするためにも、寝具に投資することは、高くはない。
なお、起きたらできるだけ早く陽の光を浴びることが、リズムをつくる第一歩だ。

人はなぜ腰痛を起こすのか?

 四足の時は背骨は家で言うなら「梁」の状態でした。二足歩行になったことにより「梁」から「大黒柱」へと働きが変わってきました。よりバランスよく歩くため、上体と頭とを上手く支える必要があります。長い年月をかけて背骨等は変化してきました。
 背骨を横から見ると、腰の部分で前方に弓形にそり返っています。二足になったとはいえ、長い四足時代の名残で、骨盤は30度ほど前方に傾いたままです。その結果、骨盤から背骨は後ろにそり返って立ち上がることになり、上半身をまっすぐに立たせために彎曲せざるを得ないのです。
 さらに6㎏程度の頭部を支えるために、背骨だけでなく首の部分でも前方にふくらみを持たせることになりました。
腰と首との二つのS字形の彎曲(わんきょく)を、背骨の生理的彎曲といいます。しかし、その彎曲は同時に人体の弱点(腰痛を起こし易い)ともなりました。
そり返った形で重い上半身を支える腰と、頭部を支える首とに過重な負荷がかかり、腰痛や肩こりを起こしやすくなったのです。

 一般に腰痛の方は、硬い敷きが良いと言われます。柔らかい敷き寝具(ヘタリの大きいBEDなど)ではハンモック状に成り易く、結果背骨のS字が崩れてきます。

 軟らかくても姿勢良く沈めば良いのですが、胴体部分はその人の体重の約70~80%です。自ずと柔らかいマットでは中央部が沈んでしまいます。
 軟らかければ、体圧分散は良くなりますが、一歩間違えると腰が落ち込み腰痛になり易い寝姿勢となります。このバランスがとれる敷き寝具が「あなたに最適な敷き寝具」ということになります。人によってその硬さは違ってきます。

 軟らかい敷きであっても、腰の部分の凹みをどのように支えるか、そのことが可能となる敷き寝具とは? そのバランスを整え休むことができる敷きが、「あなたの理想の敷き」なのです。

   腰に優しい敷きふとん ・・・ こちらへ 
   腰に優しいBED  ・・・・・・ こちらへ

高齢者の寝具・寝室

BEDの生活は、起き上がり立ち上がりが楽です。
床(ふとん)での生活の方より、ベッド生活の方には寝たきりの方が少ないとも言われています。
ふとん屋が考えたBED  いつまでも元気で居たい。でも、高齢者の身体的老化は避けて通れないものです。いかに楽をするかということを考えて寝具選びをする必要があると思います。
肉体的活動の低下・・・行動が緩慢になり、時間がかかります。フロア(ふとん)からの起き上がりより、ベッドでの生活による起床が、スムーズにできるなど、身体機能に応じた寝具環境が望まれますね。
ただ、長年「ふとん」で寝るという習慣から、スプリングのマットを敬遠される方もあります。そんな方にお薦めは、今までの 「ふとん」を乗せるベッド。将来の (介護が必要となる) ことを考えて、対応できるベッドも選択肢の1つです。
世界最高のギャッジベッド  介護ベッドはイヤ!という方には、パラマウントベッドのIMTIMEシリーズが有ります。
一般の介護ベッドのマットはおよそ幅90㎝長さ190㎝と一回り小さくできています。ご自分で寝返りが可能な方では狭いと感じられる方が多いようです。
パラマウントベッド社のINTIMEは一般ベッドマットと同じ大きさ(一部210㎝)があり、将来手すり(サイドレール)の取り付けも可能(一部は除く)です。
ゆったり、そして現在使っている敷き寝具(健康寝具)などをそのまま利用したいと思われる方には、最適なベッドです。
キネティック ウッドスプリング  加齢とともに増えてくるのが猫背。また、脊柱(背骨)の病気を発症される方も・・・。若い時に無理をして働いたため、今になってひずみが生じたのでしょう。
特に厄介なのが、「脊柱狭窄管症」ですね。
イタリアベローナ大学の医学部の先生方が生み出したこのベッドは、年齢とともに変わる体型にいつもジャストフィットするベッドと言えます。
現在このベッドを使いの脊柱狭窄管症の方にも、高い評価を戴いています。
 
   夏季の高齢者の寝具の注意点
 高齢者は体温調節機能が低下し、発汗反応が遅くなり、また、基礎代謝量も減少しています。夏季の寝室は冷房の効いた部屋より、自然の通気(風)のほうが体に優しいと思われます。
 だが、特に日本の夏の多湿は閉口ものです。高齢者の寝室環境は体を冷やすことより、除湿による快適環境を追求することの方が体に優しいと言えるでしょう。
 寝室は通気性を重視し、寝具は吸湿性を最重視するのがBESTと思われます。天然繊維の吸湿性を再確認する必要がありますね。
 接触冷感とは、人が触ってどの程度冷たく感じるかを数値化したものです。
 夏は「麻」が最適と言われる理由には、大きく2つあります。①接触冷感値(Q-Max値)が高い。さらに、②吸湿性がきわめて良い という点です。
 「麻」に限らず、蒸し暑い日本の夏には「吸湿発散性の優れた寝具が何よりも適するのはこうした理由からでしょう。
 汗をかくのは、気化熱で体温の上昇を抑えます。だが、日本の夏は湿度が高く、気化熱によって十分な熱の発散ができません。うちわ・扇風機は体の周りにまとわりついた湿気を飛ばす働きがあります。
 吸湿性の優れた寝具(ムートンなど)と、エアコンの除湿とを利用することも、冷やしすぎによる高齢者の体調変化を防ぐ効果もあると言われています。

高齢者にお薦めの寝具
 ①ムートンシーツ ②テンセルパッド ③麻パッド麻のカバー・シーツ ④真綿肌ふとん
ページの先頭へ
ページの先頭へ