有限会社 綿桂 | サービス案内

有限会社 綿桂

TEL. 0566-48-2108

サービス案内

会社概要
 > オーダーメイド枕・敷布団
 > 寝具の選び方
 > 知恵袋
 > よくある質問
 > 店舗案内
 > お問い合わせ
商品カテゴリ
お買い物ガイド
BLOG
Facebook
捨てる前に、ご相談ください。
リフォームする価値のある羽毛ふとんなら、
絶対リフォームすべきです。
羽毛原料がものすごく高騰してます。
  

羽毛ふとんリフォームについて


重たい。湿気てる。

サイズが合わない。

暖かくない。
ずいぶん使った羽毛ふとん、でも捨てるのはもったいない・・・
押入れに眠っている羽毛ふとんを子供用に作り直したい。
そう思ったことりませんか?
羽毛ふとんはご希望のサイズに合わせて作り直すことができるんですよ!
羽毛ふとん、作り直しができるの?
はい!もちろん可能ですよ。
木綿ふとんを打直しするように、羽毛ふとんも作り直すことができます。
ただし、冬ふとん→冬ふとん、または、冬ふとん→合いふとんがおすすめです。

ダブルサイズからシングルサイズやセミダブルサイズへ。
シングルからジュニア(介護サイズ)へ。

サイズの変更、厚さの変更などご希望に添ったリフォームを。
羽毛は最新の洗浄方法で
綿桂の洗浄は
「日羽協」認定 プレミアム・ダウンウォッシュ方式
古い羽毛布団から中羽毛を取り出し、個別に専用の洗浄機で水洗いします。

一般に行われている洗浄は、「リフォーム・ダウンウォッシュ方式」です。
 古い羽毛布団を丸洗いしてから、中の羽毛を取り出しています。
丸洗い後に古羽毛ふとんを解体し中羽毛を取り出す方法では、中羽毛が十分に洗浄できないばかりか、ファイバー(屑の羽毛)などが十分に除去できません。

下記の表は
「プレミアム・ダウンウォッシュ方式」「リフォーム・ダウンウォッシュ方式」との洗浄方法の違いと洗浄後の嵩高の違いを表したものです。

最下線は、洗わずに蒸気をあてるだけの場合

洗い方が違うだけでこんなにもパワーの復元が違います。

               WGD95% 洗浄方法の違いと嵩高

               WDD70% 洗浄方法の違いと嵩高

羽毛ふとんが生まれ変わるまで

ご家庭で簡単にできる、リフォームの目安をご紹介します。まず、大前提として羽毛ふとんであること。ダウン70%以上であること。 そして、羽毛ふとんを縦・横と4つたたみにしてかさが25cm以上あること。
これらをクリアしていれば、リフォームする価値のあるおふとんと言えるでしょう。それ以下の場合は、新品の購入をおすすめします。
冬用のふとんは同じ冬用のふとん、もしくは春・秋用の合掛けふとんにすることをおすすめします。
10年ほど使った羽毛ふとんは、臭いや汚れがしっかり溜まっています。
襟元が汗で汚れ、端の部分が今にも破れてしまいそう。
羽毛が片寄ってしまうのは、中のマチが破れてしまっている可能性も。
お預かりした羽毛ふとんは1枚ずつ解体され中羽毛を取り出します。
取り出した羽毛は重さを測ります。そののち、隣の洗浄室に送られます。
洗浄の工場にふとんを送り、羽毛を洗います。
解体して中身の羽毛だけを個別に専用洗浄機で水洗います。
人が飲んでも無害なバイオ洗剤で洗い、すすぎが終わり脱水すると、羽毛はペッタンこ!
次に乾燥工程へ、同時に殺菌殺虫加工を施します。
次の過程で、機械により健康で元気な羽毛とボロボロになってしまった羽毛を分離させ、元気な羽毛だけを取り出します。
綿桂に戻ってきたきれいな羽毛を新しいふとん生地に入れます。
吹き入れ作業は、当店の羽毛工房で1枚ずつ作っています。
洗浄で減ってしまった分の羽毛は新しい羽毛を足します。
ふとん生地は、糸の違いで柔らかい生地や硬めの生地などたくさんあります。
また、仕立ての方法も様々ありますので、スタッフに相談してください。
適量の羽毛を吹き入れたら、口を閉じて完成です。
以前に比べ、生地がきれいになりふっくらと新品のようです。
これにて完成です!

お客様の感想

新品みたいになって、嬉しいです。
生地が破れたまま使っていたので、羽毛が減ってしまったので、もっと早くリフォームすればよかった。
ダックダウンの新品を買うよりもグースダウンを足してもらい、それでも思っていた以上に安く出来上がったので良かった。
ページの先頭へ

BEDマットもリフォームができます。


           ベッドマットをリフォームする!
以前こんなことが・・・
 購入されて1~2年ほどでした。お子さんが夏休みの宿題でポスターを書いていました。
 誤って絵の具の筆洗いのバケツをひっくり返し、ベッドマットの上に!・・・・・
 赤い絵の具を中心のポスターだったので、マットが真っ赤赤!!
 シーツを掛けても、マットの汚れ(赤色)は隠せず、困っていました。

そこでリフォーム! 新たに購入されるよりはお値打ちにでき、新品のようになりました。